HOME»  みんなのポケット

~小児の便秘について~

【みんなのポケット】2023年1月号(NO.239)

Ⅰ.便秘とは?なぜ良くないのでしょうか?
大腸では、便の水分が抜き取られていきます。直腸に到達して自然に排便できれば問題はないのですが、多くの便が直腸内に留まってしまうと、さらに水分が抜き取られて、便がさらに固くなってしまい、固くなった便が直腸に栓をするように留まった状態が「便塞栓」です。そのような状態になると便の栓が邪魔をして新たな便がたまってしまい、排便をするのが困難になってしまいます。このような状態が便秘です。また、便意があっても詰まった便が出ず、泥状~水様便だけが塞栓の脇から出てきてしまう事があり、「便失禁」と言い、一見下痢症状と間違ってしまう事があります。
Ⅱ.何が原因で「便塞栓」が出来てしまうのか?
排便を我慢してしまう事が最も多い原因と言われています。通常であれば直腸に便が到達した時点で便意を感じ、排便します。ところが、過去に便が硬くて排便時に痛い思いをするなどの辛い経験をしていると排便を我慢する習慣がついてしまいます。
Ⅲ.便秘の治療で大切な事
大まかな便秘治療の流れは、
①便塞栓の除去
 グリセリンの浣腸等で、便の塊を除去します。
②苦痛の少ない排便を続ける
 苦痛なく排便できる環境を作る。そのために薬を飲む場合もあります。
③直腸が空っぽで、直腸に便が到達したら排便する、という事が習慣化するようにする
Ⅳ.代表的な便秘の薬を2つ紹介します。
①酸化マグネシウム
 大腸内の水分が抜き取られるのを抑制して、便が固まるのを防止します。ほとんど味は有りませんが、わずかに甘味があります。
②モビコール
 腸管内の水分量を増やして、便を柔らかくして、排便を助ける薬です。少ししょっぱい味がします。1包を60ccの水に溶かして飲むのが基本ですが、水以外の飲料(ヨーグルト飲料、オレンジジュース、リンゴジュース、スポーツドリンク、乳酸菌飲料など)に溶かして飲む事も出来ます。

インフルエンザの流行

【みんなのポケット】2023年1月号(NO.239)

2022年10月号で、今年の冬は新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時に流行する可能性についてお知らせしました。実際に12月下旬から、インフルエンザの発生が報じられるようになりました。そして当院でも12月20日過ぎからぽつぽつと陽性者を確認するようになりました。
私達はどんな準備をしたらよいのでしょう。感染予防策は、新型コロナウイルス感染症でたくさん学びました。マスク着用、手洗い・うがいの励行、密の回避など。そしてワクチンです。今からでも遅くはありません。ぜひ接種して下さい。
実際発熱した場合は、インフルエンザとコロナを同時に検査できる抗原検査キットがありますので、利用すると良いと思います。また、抗ウイルス薬もコロナに比べかなり安全性も確かで、私達も使い慣れたものが多くなっています。内服薬のタミフル、ゾフルーザ、吸入薬のリレンザ、イナビル、点滴製剤のラピアクタなど多種類あります。

熱性けいれん

【みんなのポケット】2022年12月号(NO.238)

熱性けいれんとは、乳幼児期の発熱に伴って起こるけいれんの1つです。
多くのお子様は一生に一度しか起こしませんが、まれに何度も繰り返し起こす場合には、予防管理や検査を考える必要があります。最近では通常の感染症やインフルエンザの他に、新型コロナウイルス感染症などにより発熱する機会も増えていますが、もしもけいれんが起こったら、初めての経験に親御さんはとても慌てて心配になってしまうのではないでしょうか?
熱性けいれんは38℃以上の高熱時で熱が出始めてから24時間以内に起きる事が多く、左右対称に数分間で自然に治まる事が多いです。また、通常では脳にダメージが残ることはありません。
―けいれんが起きた時の対処のポイントは―
①安全な場所に顔を横向きにして寝かせてください。
②洋服のボタンやベルトを緩め呼吸が楽にできるようにしましょう。
③指や箸、タオルなどの物をかませてはいけません。
落ち着いて様子を観察してください。(けいれんは、全体か・部分か、左右に差はないか、落ち着くまでに何分くらいかかったか。意識はすぐに戻ったか。)多くの場合、けいれんは、3~4分ほどで止まってきます。
5分以上たっても止まらない場合は、救急車をよびましょう。

~インフルエンザ~

【みんなのポケット】2022年12月号(NO.238)

毎年この時期になるとインフルエンザが騒がれ始める頃ですが、この2年間はインフルエンザの流行がみられませんでした。
今シーズンは社会活動が盛んになり、海外からの入国者も増え交流も増えることからもインフルエンザの流行の規模が大きくなる事が懸念されています。また新型コロナとの同時流行も心配されるところです。
★インフルエンザの症状は?
通常2日程度の潜伏期間の後、突然の高熱・頭痛・筋肉痛・関節痛・全身倦怠感で発症します。あわせて、のどの痛み・鼻汁・咳などの症状もみられます。発熱は、3~5日程度で解熱しますが、2~3日で一度解熱した後に再度発熱する二峰性パターンを呈することもあります。
まれに、肺炎、脳炎、脳症を合併し重篤化することがあります。
★インフルエンザにかかってしまったら?
不要な外出は避けましょう。
安静にして、しっかりと睡眠・休養をとりましょう。
脱水に注意しながら十分な水分補給と消化の良い食事を心がけましょう。
★受診の目安は?
インフルエンザは発症から48時間以内にお薬を使うことでウイルスの増殖を防ぐことが期待されますが、実際の診断では発症から12時間以上経過しないと検査で陽性と正しい判断ができないこともありますので、お家でゆっくりと体を休めながら時期をみて受診するのがよいでしょう。
ただし顔色が悪い、呼吸が苦しい、意識状態がおかしいなどの具合が悪い場合は早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザは予防接種をすることで、感染しても重症化を防ぐことが可能となります。
予防接種は生後6ヶ月以上から受けることができます。(兄弟のいない0才児は家族の方がしっかり予防手段を講じて下さい)新型コロナワクチンとの同時接種も可能ですので、まだ受けていない方はご検討下さい。