〒360-0204 埼玉県熊谷市妻沼中央15-1

熊谷市の小児科・内科・循環器科・アレルギー科|インターネット予約も

HOME診療時間変更のお知らせ医師のご紹介当院のご案内スタッフ紹介交通案内よくあるご質問

携帯サイト

初診の方へ

初診の患者様がご来院頂いた際に出来るだけ待ち時間のないように事前にご記入を頂いているものです。

ダウンロード[一般診察用][PDF]

初診の方受診用

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
こばやし小児科 インターネット予約インターネット予約

当院では電話予約・インターネット予約システムを導入しています。
待ち時間短縮にご活用ください。
ただし初診の方は診察時間内に代表電話におかけください。
   代表電話 048-589-0011
予約専用電話 048-567-0707

インターネット予約はこちら
 
イネ科花粉症にご用心

イネ科花粉症は5月から9月にかけて目がかゆくなったり、鼻水が出たり、鼻が詰まったり、よく鼻血が出たりなど、アレルギー性鼻炎の症状が出現します。子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。花粉症と言うと一般的にスギ花粉症を思い出す人が多いと思いますが、スギ花粉は4月中旬頃には終わります。この時期を過ぎても上記のような症状が出る場合は、イネ科花粉症の可能性があります。イネ科花粉症の原因は、ネズミホソムギ、ネズミムギ、ホソムギ、オニウシノケグサ、カモガヤ、ハルガヤなど寒地型の牧草類と考えられています。このような牧草類は繁殖率が強く、道端、空き地、河川敷などにたくさん生育しています。イネ科花粉は天気の良い日ほど多く飛散し、気温が高いほど早い時間帯から飛散します。
治療の基本は、「抗ヒスタミン剤」という、アレルギー症状(鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど)を抑える薬を内服することです。眠気が出るという副作用を心配される方もいますが、その人に合ったものを上手に使うと眠気も出ません。また、「小青竜湯」という漢方薬も全く眠気が出ず、良く効く薬の1つです。私の医院では、漢方薬がいい、という人にはよく処方しています。苦味のある散剤だけでなく、錠剤もありますのでご利用いただければと思います。あとは、局所に用いる「点鼻薬」と「点眼薬」です。これらも積極的に使った方がよいでしょう。あまり我慢せず、症状の強い期間は上手に内服や外用剤の使用を考えた方がよいと思います。

予防接種 漢方 みんなのポケット
ブログアレルギー科 みんなのポケットバックナンバー
子どもに多いアレルギー疾患とその対応
 

診療時間変更のお知らせ

ご挨拶

当院は小児科を専門とし、さらに内科(成人)も含めた地域に密着したかかりつけ医をめざしております。特に小児科に関しては、約30年にわたる経験を生かし小児科全般を幅広く診療いたします。
また小さいお子さんは、長い時間待合室で待つことは大変なため、予約制を導入し、なるべく短い待ち時間で済むようにしております。

 

医院概略

どんなに小さな体の不調でも一度当院でご相談ください。必要に応じて専門病院へご紹介もいたします。

病院・医院名
医療法人社団ケイアイディ こばやし小児科
診療科目
小児科 内科 循環器科 アレルギー科
医院住所
〒360-0204 埼玉県熊谷市妻沼中央15-1
電話/FAX
048-589-0011/048-589-1333
入院設備
なし
診療時間
9:00~12:00
14:00~15:30(予防接種)
15:30~18:00

※土曜日午後は17:00まで
【休診日】 木曜、日曜、祝日


 

診療カレンダー