〒360-0204 埼玉県熊谷市妻沼中央15-1

熊谷市の小児科・内科・循環器科・アレルギー科|インターネット予約も

HOME診療時間変更のお知らせ医師のご紹介スタッフ紹介院内設備交通案内よくあるご質問

携帯サイト

初診の方へ

初診の患者様がご来院頂いた際に出来るだけ待ち時間のないように事前にご記入を頂いているものです。

ダウンロード[一般診察用][PDF]

初診の方受診用

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
HOME»  みんなのポケット バックナンバー»  みんなのポケット バックナンバー 予防接種~2013年

みんなのポケットバックナンバー 予防接種

 

 
 

 

13価小児用肺炎球菌ワクチンに関する事(再度)

【みんなのポケット】2013年12月号(NO.130)


只今、インフルエンザワクチン接種を行っております。
お済みでない方はお早くどうぞ。

11月1日より小児用肺炎球菌ワクチンが7価から13価と新しくなり、従来のワクチンに比べてより広く肺炎球菌に対して免疫効果が得られるようになりました。
11月までに従来のワクチンで接種を始められた方も、4回の接種のうち11月以降に1回でも新しいタイプのワクチンをお受けになれば問題はありません。自動的に11月1日以降は新しい13価のワクチンに切り替わります。もちろん、11月以降に新たに接種を始める方は特に問題ありません。
しかし、すでに従来のワクチンで4回の接種がすべて終わっている方は、4回目の接種から8週間以上あけて5歳までに新しいワクチンを追加接種することをお勧めします。そうすると、同様に広い免疫効果が獲得できます。しかしこの場合、現在のところ公費補助はないので、自費での接種となります。
ご不明な点は受付または医師にお尋ねください。


13価小児用肺炎球菌ワクチンに関する事

【みんなのポケット】2013年11月号(NO.129)


11月1日より小児用肺炎球菌ワクチンが7価から13価と新しくなり、従来のワクチンに比べてより広く肺炎球菌に対して免疫効果が得られるようになります。
11月までに従来のワクチンで接種を始められた方も、4回の接種のうち11月以降に1回でも新しいタイプのワクチンをお受けになれば問題はありません。自動的に11月1日以降は新しい13価のワクチンに切り替わります。もちろん、11月以降に新たに接種を始める方は特に問題ありません。
しかし、すでに従来のワクチンで4回の接種がすべて終わっている方は、4回目の接種から8週間以上あけて5歳までに新しいワクチンを追加接種することをお勧めします。そうすると、同様に広い免疫効果が獲得できます。しかしこの場合、現在のところ公費補助はないので、自費での接種となります。
ご不明な点は受付または医師にお尋ねください。

子宮頚癌ワクチン

【みんなのポケット】2013年7月号(NO.125)

今年の4月から定期接種となった子宮頚がんのワクチン(サーバリックスとガーダシル)が、因果関係がはっきりしないが、接種後に体が痛むなどの事例が認められたため、その因果関係などを詳細に検討するため、おおよそ半年を目安に接種の勧奨を止めることになりました。
勧奨をしないだけで、定期接種として接種を行う事はできます。また、もちろん無料でできます。しかし、私たち接種する医師と接種を受ける国民に判断を投げてしまった感があり、すっきりと納得できません。
半年間国で検討をするなら、その間は一時中止し、その後再開し、現在の高校1年生は、来年も無料で接種できるとするなどの方式の方が悩まなくて済むような気がします。
いずれにしても緊急性はないワクチンなので、納得がいくまで接種を見合わせるのもよいかなあ、と考えたりしています。悩ましい限りです。
ちなみに世界では、100カ国以上で普通に行われているワクチンです。

風疹予防接種

【みんなのポケット】2013年6月号(NO.124)

4月のみんなのポケットにも記載しましたが、今年は風疹が流行っています。埼玉県でもこれまでに360人前後が罹患しているようです。多くは、成人の男性ですが、その理由はその年代の人々は予防接種を受けていないか、1回だけしか受けていないのです。風疹の恐ろしいところは、妊娠初期の女性がかかると、生まれたお子さんが先天性風疹症候群という疾患にかかる恐れがあるということです。この疾患は、生まれつき白内障を持っていたり、先天性の心臓病を持っていたりするのです。そこで、全国的にも、熊谷市もワクチン接種者に助成金をだしています。ただし、いくつか条件がありますので、詳しくは熊谷市のHPなどをご覧ください。
もちろん、助成金の対象でなくても麻疹風疹混合ワクチンを接種することが望ましいです。

ロタウイルス胃腸炎予防ワクチン

【みんなのポケット】2011年12月号(NO.111)


皆さん、ロタウイルスの胃腸炎ってご存知ですよね。乳幼児がかかると、発熱やひどい下痢(特に白っぽい下痢が特徴ですが)が続き、重症になると入院治療も必要になったりする事もある病気です。たいてい流行するのは冬で、昔は冬季白色便性下痢症などとも呼ばれていました。なんとこの下痢症を起こすロタウイルスの予防ワクチンが去る11月21日より日本でも使用出来るようになったのです。
 経口摂取の生ワクチンで、生後6週から24週までの間に4週間以上間隔をおいて2回投与します。そうすると2歳くらいまでの期間、重症のロタウイルス胃腸炎を95%以上予防できるのです。任意接種で、1回1万5千円くらいするのですが(医療機関によって値段が異なる自由診療料金です)、あのロタウイルス胃腸炎の苦しみから考えると、朗報ですよね。
 ロタウイルスは、乳幼児がかかると、胃腸炎だけではなく、脳症や痙攣なども起こすことがあります。インフルエンザみたいに毎年する必要はないので、3種混合ワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンなどとともに接種計画をたてるとよいでしょう。
接種を希望される方は、医院の方までどうぞご相談ください。

狂犬病

【みんなのポケット】2009年8月号(NO.92)

みなさんのお家では犬を飼っていますか?ある調査では、日本国内で飼われている犬は約1200万匹にも及ぶそうです。人口換算で約3軒に1軒は犬を飼っていることになりますね。狂犬病とは、犬などが持っている狂犬病ウイルスが犬に咬まれることによって人に移り発症する人畜共通感染症の1種です。とても恐ろしく、発症するとほぼ確実に死んでしまうということです。しかし、日本国内では1956年以来発症はないとの事で(海外からの帰国者が海外で移って、帰国後発症して死亡した事件は3年くらい前にありましたが)、ちょっとひと安心しましたが、全世界では毎年5万人が死亡し、お隣中国でも毎年3000人くらい亡くなっているとのことです。
まず第一に私たちができる予防策は、自分たちの飼い犬にしっかりと狂犬病ワクチンをしてあげることです。実際は、狂犬病予防法という法律で、飼い犬の市町村への登録と毎年1回の狂犬病ワクチンの接種が義務付けられているのですが、30~50%程度の登録率、接種率とのことです。他に、むやみに野生動物に近づかないこと。動物に触れた後は、よく手を洗うこと。などが予防策のようです。正しい知識、モラルでペットを飼いましょう。

~予防接種でよくある質問~

【みんなのポケット】2008年4月号(NO.77)

Q、今日はお風呂に入っても大丈夫ですか?
A、大丈夫です。接種した所はゴシゴシこすらないようにして下さい。
心配なようでしたら、入る前に熱を測って下さい。

Q、三種混合の予防注射をうけたら赤く腫れていますが大丈夫ですか?
A、「お子さんの様子はいかがですか?熱はありますか?痛がっていますか?」
元気もあり、熱もなく痛がっていなければ、様子を見てください。
腕全体が赤く腫れ上がっているようでしたら受診しましょう。

Q、今日予防注射の予約をしていますが、鼻水、咳が出ていますが大丈夫です か?
A、「たくさん出ていますか?熱はありますか?」
少量で熱がなければ、予約通りに受診して下さい。
熱があったり、元気がなく、食欲なども落ちているようならば延期しましょう。

Q、おたふくの予防注射と水痘の予防注射はどちらを先にすればいいですか?
A、はっきりした優先順位はありません。周りで流行しているようならばそちらを先に接種しましょう。