〒360-0204 埼玉県熊谷市妻沼中央15-1

みんなのポケットバックナンバーアレルギー|熊谷市のアレルギー科

HOME診療時間変更のお知らせ医師のご紹介スタッフ紹介院内設備交通案内よくあるご質問

携帯サイト

初診の方へ

初診の患者様がご来院頂いた際に出来るだけ待ち時間のないように事前にご記入を頂いているものです。

ダウンロード[一般診察用][PDF]

初診の方受診用

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
HOME»  みんなのポケット バックナンバー»  みんなのポケット バックナンバー アレルギー

みんなのポケット バックナンバー アレルギー

 

 
 

 

 

~動物アレルギー~

【みんなのポケット】2018年10月号(NO.188)

動物の毛、羽毛、ふけ、唾液、糞尿(ふんにょう)などを原因とするアレルギーです。

[症状]
 ネコ、イヌなどの毛、ふけによるアレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)、結膜炎(目のかゆみ、涙、充血)、気管支ぜんそく(喘鳴〈ぜんめい〉、呼吸困難)、じんましん、アトピー性皮膚炎が頻度の高い症状です。インコなどの小鳥の糞、尿、羽毛などによる過敏性肺臓炎(乾いたせき、運動時の呼吸困難など)を起こすこともあります。
[原因]
 アレルギー性鼻炎、ぜんそくの患者さんでは室内で飼うネコ、マウス、ハムスター、モルモット、イヌなどの毛やふけ、マウス、ハムスターなどの尿が原因となることがあります。ウマ、ヒツジ、ウサギなどを飼育している場合にも、これらが原因のアレルギーを起こすことがあります。過敏性肺臓炎の原因は小鳥の糞、尿、羽毛などです。
[発症のしくみ]
 鼻炎、結膜炎、ぜんそくなどのアトピー性疾患は、動物のふけなどの抗原に対するⅠ型アレルギー反応によって起こります。過敏性肺臓炎は、小鳥の糞などの抗原に対するⅢ型およびⅣ型アレルギー反応がおもなしくみと考えられています。
[診断]
 動物を飼っている家にいて鼻炎、ぜんそく、皮膚炎などが発症し、悪化するようなら、動物アレルギーを疑います。アトピー性疾患では、血液検査でダニやカビに対するIgE抗体を測定することに加えて、動物へのIgE抗体を測定します。過敏性肺臓炎では血液検査で動物へのIgG抗体を測定します。

[予防][治療]
 アトピー素因のある家庭ではネコ、ハムスターなどを室内で飼育するのを避けるようにします。動物アレルギーとわかったときは、その動物を手放すことが必要です。
 どうしてもネコなどを手放せないときは、毎週必ず動物のからだを洗う、ネズミ類では尿が乾いて飛ばないように処理すると、ある程度の効果があります。ネズミ類に指をかまれただけでアナフィラキシーを起こすことがあるので、素手で触れるのは危険を伴います。鼻炎、ぜんそく、結膜炎などに対する薬物治療は、ほかの原因の場合と同様です。動物の成分にからだを慣れさせる減感作療法は基本的におこなわれておらず、ハチアレルギーの患者さんに対して一部の医療機関でおこなわれているのみです。
 過敏性肺臓炎の治療は原因抗原の除去と薬物療法ですが、呼吸困難が強く、入院による抗原との隔離でも改善しないときは、副腎皮質ステロイド薬などによる治療をおこないます。

~スギ花粉症~

【みんなのポケット】2018年3月号(NO.181)

今年もスギ花粉が飛散する時期となりました。飛散量は例年並みかやや多いと予想されております。当院での治療は、抗ヒスタミン剤という内服薬や点眼液、点鼻液を用いたものです。また、ご希望があれば漢方薬も取り入れております。そしてさらに大切な事は、家の中に持ち込むスギ花粉を最小限にする事です。外から帰宅した際は、体に付いた花粉をよく払いましょう。また、手洗いやうがいも有効です。可能であれば、外出時にはマスクや眼鏡で花粉を防護しましょう。

 

~季節の変わり目、喘息の悪化に要注意~

【みんなのポケット】2017年10月号(NO.176)

気温や気圧、湿度の急激な変化が気道に刺激をあたえます。
秋から冬にかけては気管支喘息が悪化したり、再発したりしやすい時期です。温度変化には着る物で調節し、乾燥には加湿器などを活用して保湿を心がけましょう。
1.アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)をできるだけ避けることが大切です。
特にダニによるアレルギーは、秋に症状が悪化しやすい為、ダニやほこりが原因になっている場合は部屋を丁寧に掃除しましょう。
また、タバコを吸う方は禁煙することをおすすめします。
2.喘息でよくみられる原因の一つが風邪などの感染症です。
季節の変わり目には様々なウイルスが流行します。
毎年流行するインフルエンザもその一つです。10月になると予防接種が開始されますので、流行に間に合うように予防接種を受けることもおすすめです。
また、日頃から手洗いやうがいをしっかりと行うことや、マスクの活用、規則正しい生活をして体力をつけておくことも大切です。
つらい症状に悩まされないためにもセルフケアを万全にし、快適な毎日が送れるように喘息をコントロールしていきましょう。

~季節の変わり目、喘息の悪化に要注意~

 

~アトピー性皮膚炎、プロアクティブ療法~

【みんなのポケット】2017年9月号(NO.175)

アトピー性皮膚炎の治療では、抗炎症薬(ステロイド外用薬)で湿疹を抑え、湿疹が治ると薬を塗るのを止め、再発した時に再び使うという治療が行われます。しかし最近は、見た目にきれいになっても皮膚の下に炎症が残っていると考え、見えない炎症を抑え湿疹の再発を予防するため、保湿剤を継続するだけでなく、ステロイド外用剤を週2~3回、続いて週1回など、減量しながらも続ける治療が普及してきています。このような治療法を「プロアクティブ療法」と呼んでいます。この塗り方のほうが長期的に見てステロイド外用剤を塗る量も減らすことができます。

~アトピー性皮膚炎、プロアクティブ療法~

 

~スギ花粉症~

【みんなのポケット】2017年3月号(NO.169)

スギ花粉症

スギやヒノキなど花粉が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがあります。その他にも目の症状、皮膚のかゆみなど症状が現れることがあります。子どもの花粉症も年々増えており、5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%と大人の発症率と変わりません。幼児では症状をうまく伝えることが難しいため親の観察が重要になってきます。
花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりですが子どもの場合は、ちょっと異なります。子どもの場合はくしゃみがあまりでず、鼻づまりが多い傾向にあります。これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると、花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。また鼻水は大人の場合は、サラサラした鼻水がでますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのではないかと言われています。子どもの場合目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。花粉の季節は子どもにとってもつらいものです。鼻や目などつらい症状が勉強や運動といった活動を低下させ日常生活に支障を与えます。このつらい症状にて夜間もよく眠れないと睡眠不足になり、日中の集中力や活動性が低下することもありますので、子どもの夜の症状にも気をつけてみて下さい。
治療は、抗ヒスタミン剤やロイコトリエン拮抗剤などの内服と、点眼液や点鼻液の使用が中心です。いろんな種類の薬が出ています。また、当院では「小青竜湯」という漢方薬も用います。肝心なのは、症状を緩和できる最小限の薬剤を用いる事で、たくさんの薬を使用して鼻水は減ったけど、眠気が増したり、集中力が鈍ったり(薬の副作用が考えられます)しては元も子もありませんね。

その他の花粉対策として、

(外出時)

  • 花粉情報のチェック。
  • 外出を控えめに(一日のち飛散の多い時間帯午後1~3時の外出をなるべく控えましょう)。
  • めがね、帽子、マスクをつけましょう。
  • 帰宅時は服などについた花粉を外ではらってから玄関へ。
  • 帰宅後はうがいや洗顔をしましょう。

(家の中)

  • 窓・ドアを閉める。
  • 掃除はこまめにしましょう。
  • お風呂・シャワーで花粉を流しましょう。
  • 空気清浄器機を活用しましょう。

~こすらず洗う~

【みんなのポケット】2016年4月号(NO.158)

アトピー性皮膚炎の子どもは、皮膚についた食べ物やハウスダスト、黄色ブドウ球菌などの汚れが皮膚炎を悪化させる原因となります。したがって皮膚を洗うことはとても大切なスキンケアの1つです。ただ、洗い方によっては肌を傷つけることもあるので注意が必要です。「こすらないことが大切」、せっけんやボデイーソープを十分に泡立てて、なでるようにして手で全身を洗うことがお勧めです。また、流すときにも、水圧を弱めたぬるめのシャワーで丁寧に泡を落とします。最後は、タオルで包み込み、やさしくおさえるように水気をとります。とにかく「やさしく」肌を扱うことが大切です。タオルやスポンジでは、皮膚を守る皮脂を落としたり、角層を傷つけてしまうことがあります。角層が傷つくとアレルギーの原因物質が入りやすくなってしまいます。

~こすらず洗う~

~花粉症の症状緩和のコツ~

【みんなのポケット】2016年4月号(NO.158)

今、多くの人が花粉症に悩まされています。日々の食事にちょっとした工夫をするだけで、花粉のつらい症状を緩和する事が出来るのです。手軽に出来る方法を紹介します。
まず免疫の暴走を抑制し、花粉症を緩和するには、自然免疫(体が生まれつき持っている免疫)を活性化し、免疫バランスを整える事です。
自然免疫は弱いものではありません。むしろ、力強いパワーの持ち主です。ところが毎日の食生活が乱れることで機能は低下し、ファーストフードやスナック菓子といった加工品・農薬や化学肥料を使用した食材など、消化・吸収が困難な物ばかりを食べていると腸内環境が悪化して自然免疫の低下を招き、結果として花粉症のリスクを高めるのです。
そして、花粉症の時期に控えたいのは、アルコールです。お酒を飲むと鼻の粘膜の血管が拡張し、鼻づまり症状を悪化させる原因になります。さらには、自然免疫を調整する胃腸を刺激するスパイス類や、代謝に不可欠なビタミンBを消耗させてしまう甘いものを控えるようにしましょう。

~皮膚外用薬の塗り方~

【みんなのポケット】2015年11月号(NO.153)


アトピー性皮膚炎の外用療法は、皮膚が悪化するたびに治療する、リアクティブ療法が今までは主流でした。最近では、皮膚炎が軽快した後もステロイドの外用薬を使い続けるプロアクティブ療法が注目です。最近の研究では、見た目の病状が消えても皮膚の炎症が続いていることがわかってきました。これがぶり返しの原因です。
プロアクティブ療法では、目に見えない炎症を完全に抑え込むまで、ステロイドを塗り続けます。
まず治療開始時には毎日フィンガーチップユニットでしっかりステロイド軟膏を使います。その後、隔日、週2回、週1回とゆっくり減らしていきます。ステロイド軟膏を塗らない日でも保湿剤の軟膏は毎日継続していきます。
フィンガーチップユニットとは、大人の人指し指の1番先から第1関節に乗る量で約0.5gに相当します。これを1フィンガーチップユニットと呼び大人の手のひら2枚分くらいの面積に塗るのが適当と言われています。ローションの場合は1円玉大が1フィンガーチップユニットです。自己判断で塗るのをやめたりせず、皮膚の状態を医師が確認しながら、指示に従う事が大切です。

 

鼻のかみ方

【みんなのポケット】2015年3月号(NO.145)


私たちの鼻に花粉やホコリなどが入り込んだとき、これらの異物を身体の外に流しだそうとして、鼻水が出ます。また、ウイルスや細菌などの病原体に感染すると膿の混じったドロっとした鼻水になります。ですから、鼻水はすすって押し戻すのではなく、鼻をかんでできるだけ出してあげる方がよいのです。
そのときは正しい鼻のかみ方を心掛けること。
間違ったかみ方をしていると鼻血が出たり、耳が痛くなったりします。正しいかみ方で上手に鼻水を出してあげましょう。

 

〔鼻にやさしいかみ方〕

  • ・ 片方ずつかむ
  • ・ 鼻をかむ時には口から息を吸う
  • ・ ゆっくり小刻みにかみ、強くかみすぎない
☆鼻すすりは禁物です! 鼻水をすすると、細菌のついた鼻水が鼻の奥に入ったり、耳にまで達して中耳炎を起こすこともあります。鼻水はきちんとかんで外に出しましょう。

~親の禁煙でぜんそく入院2割減~

【みんなのポケット】2015年2月号(NO.144)

大阪府立成人病センターの医師が、大規模追跡調査で具体的に示したことですが、生後半年時点の親の喫煙状況と8歳までの小児ぜんそくの入院の経験を調べた結果、両親が室内でたばこを吸っていた子どもは、両親とも吸っていない子どもに比べ、1.5~1.7倍入院する確率が高いそうです。調査した医師は「小児ぜんそくの8~18%は親の喫煙が原因と言える」と話しています。小児ぜんそくの病態は、ダニやほこりなどのアレルギーによって起こる気道の慢性炎症と考えられています。しかし、上記のように親の喫煙は悪化要因の大きなものです。子どもが喘息の親御さんはぜひ禁煙を考えてみましょう。

親の禁煙でぜんそく入院2割減

花粉症を乗り切ろう

【みんなのポケット】2014年4月号(NO.134)

本格的な花粉シーズン到来中。今年の花粉情報によると、花粉量はちょっと少なめ?・・・なんて話も聞かれますが、現在スギ花粉のピークで症状の出ている方も多いことでしょう。
4月の上旬から半ばには、ヒノキ花粉のピークも重なってきそうですよね・・・。
小青竜湯を試されている方、効果はいかがですか?
今の時期、基本は
 1.花粉をもちこまない。
 2.花粉を取り除く。 
 
飛散の多い日・時間帯は外出を控え、外出時にはマスク・メガネ・花粉の付きにくい衣服の着用。帰宅時には手洗い・うがい・洗顔をすることや、窓を閉める。掃除をこまめにする。洗濯物は家の中に干す。空気清浄器を利用するなどを心がけつつ今年の花粉症をのりこえましょう。

花粉症に効く漢方薬、錠剤もありますよ

【みんなのポケット】2014年3月号(NO.133)


2月の2度の大雪大変でしたね。久しぶりに雪かきをして、筋肉痛で大変でした。これくらいで、そんな弱音をはいていたら、雪国の人達に怒られてしまうかもしれませんが。
次は、花粉症の季節です。花粉情報をみても、関東地方でも少し飛び始めているようです。
花粉症に効く漢方薬、ご存知ですよね。そう、「小青竜湯」です。天然生薬で、眠くなりません。さらに漢方薬というと、「飲みづらい」といった苦情がでますが、飲みやすい錠剤もあります。例年、花粉症で困っている方は、今年は漢方薬で乗り切ったらどうでしょうか?