〒360-0204 埼玉県熊谷市妻沼中央15-1

ブログ|熊谷市の小児科・内科・循環器科・アレルギー科

HOME診療時間変更のお知らせ医師のご紹介スタッフ紹介院内設備交通案内よくあるご質問

携帯サイト

初診の方へ

初診の患者様がご来院頂いた際に出来るだけ待ち時間のないように事前にご記入を頂いているものです。

ダウンロード[一般診察用][PDF]

初診の方受診用

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
HOME»  ブログ»  季節»  早くも夏本番?

早くも夏本番?

早くも夏本番?

先週末より夏本番のような暑さが続いています。皆様いかがお過ごしですか?
熱中症にはくれぐれもご注意ください。

熱中症について

高温、多湿が原因で体温調節がうまく出来なくなる事でおこります。高温下での運動や労働の他、梅雨の合間に突然気温が上昇した日、気温が高く湿度が高い時、室内で気温がそんなに高くない場合でも頭痛、吐き気などのさまざまな症状が現れます。汗をかくと体の中の水分が取られていくので、取られた水分を補充しないと体温調節は低下してきます。また、湿度が高いと皮膚から熱は逃げません。湿度が高いと汗をかいても汗が蒸発しません。体温調節に影響が出てくる気温は「37℃以上」湿度「75%」と云われています。

・寝不足や疲れていると、熱中症にかかり易いです。睡眠を十分にとりましょう。
・吸湿性、通気性のよい服装をこころがけましょう。
・こまめに、水分、塩分の補給をしましょう。一気にとるのではなくこまめに。

※お水だけ飲むと塩分とのバランスが崩れて逆効果になるので塩分も一緒に補給しましょう。一般的なスポーツドリンクでも問題ないですが、塩分量が少なく糖分が多い傾向があります。梅昆布茶やみそ汁なども有効です。

・外出する時は、直射日光をさけ帽子や日傘を使用しましょう。
・冷涼グッズを上手に使い快適にすごしましょう。
・暑さに負けない体作りを。



2015-07-15 10:13:11

季節   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント